FC2ブログ

ITエロ攻防戦2

ア/ダ/ル/ト/ラ/イ/ブ/チ/ャ/トに直アドで登録される、という事件がおこって1週間くらいです。
また、やっちゃいました。

『ア/ダ/ル/ト/ハ/ン/タ/ーにご応募ありがとございます!』

『白紙の問合せが届いております』


また2通です。
おかしい、早速漏洩して送られているにしてはメアドが潔く正式運営ぽいメアドだ。
ア/ダ/ル/ト/ハ/ン/タ/ー、サイトを見てみると、何か懸賞に応募してます。液晶テレビとか商品は普通です。全く迷惑メールの臭いがしません!!
もう1件、こちらは『白紙のお問合せが届いてますので再度フォームより内容を送信してください』、これだけ。マジメくさい!!!


『今パソコンさわってる?』


彼にメールしてみました。
すぐ返信がきます。
『うん、こないだの消そうと思ってどこだったか探してる』
こないだの、というのはコスド○ライブチャットとピク○ーライブですね。
え?消そうと思って探してるのに全く別のア/ダ/ル/ト/サイトにメール送ってるんですか。ああ、なるほど~。・・・・


 


んな奴いるか!!


 


もうハラワタにえくり返って、また直アド使われてるし、どうしてくれよう、と考えつつ、その2サイトを調べました。


ア/ダ/ル/ト/ハ/ン/タ/ーのほうは無料の動画配布サイトのようです。でも会社っぽくて、個人情報の扱いについてのページがありました。
「当社は迷惑メールは一切送りません、個人情報を譲渡しません」
はい、これがあるかないかだけで大分違いますね。
実際もっとたくさん書いてましたけどね。


もう片方は出会い系でしたよ。ええ。


ア/ダ/ル/ト/ハ/ン/タ/ーは前に入って、久々にログインしようとしたらパスワード忘れてたから送った。もう1件は知らない』
そんなメールがきました。
パスワード再発行の内容じゃないのに、ですよ。
明らかにウハウハと何かのボタンを押してるくせにですよ。



しかしです。
私は今まで、色んな物を破壊されてます。
キレた彼につぶされた電化製品たちが成仏できずに部屋に転がっています。
壁も殴ります。薄い壁のアパートです。
彼は小さな猛獣です。
おまけにジャイアンです。


正直言って、直アドといってもプロバイダの物ではないのでメアドからは足はつきません。プロバのメアドは教えてもいません。
それよりサイトからIP抜かれてハッキングとか、そっちの心配のほうが大きい程度です。
どちらかといえば、Hもろくに出来ない役立たずがア/ダ/ル/ト/サイトだけ一人前以上に見て自分で抜いてることが許せないのです!そう、メアド漏洩とかはそれを責める口実に過ぎません!
今日こそは決着をつけてやる・・・そう決めて、アパートへ戻りました。


 


「ただいま~」
最初は明るく。
いきなり目に飛び込んできたのは、強力粉から作った生地で麺を切る彼の小麦まみれな姿です。
ぐは!先制パンチ!
喜ぶアクションを取らなければいけません!
敵もなかなかやりやがる。
「じゃあ先にお風呂入るね~」
とりあえず作戦を練ります。
麺はゆでなければいけません。
食事も食べなければいけません。
もし、それらの途中に話をすれば、途中放棄間違いなし!


腹が減っては戦はできません。
とりあえず、沖縄そば食べることにします。


さて食事も落ち着き、彼もホロ酔いになって甘えてきました。
いきなり怒ってはいけません。
「あのね、困ったことになってるんだけど・・・」
弱弱しく切り出します。


さてここで、ア/ダ/ル/ト/ハ/ン/タ/ーに関しては関与を一部認めているため、何かに応募したんでしょ!と問い詰めると損です。向こうも嘘をついて取り返しがつきません。
「あの2サイト調べたんだ。ハンターのほうは個人情報保護法に基づいた表記がしてあったし、アナタが何か申し込んだんでしょうよ。そうじゃなかったら一大事だからね」
誘導すると、うん・・・と肯定します。
「もう片方ね、個人名書いてあったんだよね。私の個人名なんか使うところないから、もしかしたらパソコン、ハッキングされて情報がもう漏れきってしまってるかもしれない・・・」
「え・・・」
「あのサイト調べたらね、悪質業者の情報掲示板に出てたよ・・・」
「えぇ!?」
「登録してないの?」
「してないよ!出会い系なんか登録するわけないだろ!」
「確認してもいい?」
「いいよ」


はい、ここで「最近閉じたタブ」から消えればバレないと思っている彼の目の前で履歴を開きます。
『会えるBBS』『会えるBBS』『会えるBBS』『人/妻/人/妻/熟/女』『いやらしいラ/イ/ブ/チャット!』『ぬける無/修/正/DVD』
わんさかわんさかわんさか・・・


「会えるBBS・・・出/会/い/系/やんな・・・」
「見てただけだって!」


『登録ありがとうございます』『送信完了ページ』


「登録してるやんなぁ・・・」


「・・・・・・・・・」


「削除するつもりで登録完了、はないやんなぁ・・・?」


「だからパスワードを・・・」


「新規登録ページで?」


「き~さ~ま~~~~!!!」


ここから乱闘です。思い切り首しめました。
ひとしきりボコったところで、
「お気に入り全部消していい?」
と脅します。
彼はなんと、
「消してもいいけどパソコンも消えてるかもな
と破壊予告!!
「はあ!?こないだもア/ダ/ル/ト/サイトなんか見ないからパソコン持って行けって言ったとこちゃうんか!!」
「だから消せばいいだろ!パソコンがどうなるかは分からんけどな!」

コレですよ。
パソコンは扇風機と違って買い換えれば済むもんじゃないのに・・・
「ア/ダ/ル/トサイト見ないで禁欲したら少しは頑張ろうって気になるんじゃないの!」
「あほか、俺がどれだけ苦労して集めたと・・・」
「研究のためって言ったよね!パ/イ/ズ/リ画像ばっかり見て、私じゃ挟めないのに何の研究じゃボケ!」
「挟めないもんなぁ・・・」
「そんくらいのモン、その程度のモンなんか挟んだらあ!」
「いや無理だから~」
「アホか!熱いと思わなければ熱くない!大きいと思えば大きい気になるやろ!」
「いや、ならんて」


議題ズレてます。


なんか面白がられてしまったので、散々ブックマーク消すか消さないかという話の後には彼はもう寝てしまいました。



さて。
ブックマークを消せばパソコンが消されるかもしれない、という危機的状況です。
しかし、この事件は落とし前をつけてもらわなければいけません。


で、またタイムオーバーで3へ続くw


ちなみに後から私の怒る姿が「おじいちゃん思い出した」って言われました(ーー;)
おじいちゃん、うみんちゅ(漁師)の怖いおじいちゃん。その名も「カマジロウ」!
おかあさんとかオバサンとかじゃなく、うみんちゅのおじいちゃんて・・・w

スポンサーサイト
by Y  at 20:51 |  沼同棲 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ITエロ攻防戦1

とりあえず前置きです。浮気関連のことを書いてますが本題ではなく、前置きです。夢遊病のように浮気を繰り返した過去があって今の環境がある、という説明です。



去年の2月末くらいに彼の携帯が強制解除になりました。
で、彼は住所不定無職なので新規契約が出来ませんでした。
携帯がないと色々不便だということで、『もう浮気はしない』と約束したのでMSNでメールを取得してあげました。
そのときに、『メールは私も見れるから妙な動きはしないように』と釘をさしたのにも関わらず、元カノにメールをしやがりました。
故郷に戻ってきているけど、必ず帰るからね、という内容で、親戚の姉ちゃんのパソコン借りてるから返信しないでね、と書いてありました。
ブチキレた私は大暴れをして、MSNを消しました。
その後、そいつから返信が来ましたが彼は見れません。まぁ衝撃事実が書いてありましたが。


そんなことがあったので私はコイツにプライバシーを主張する権利はない、と考え、私との連絡用に私のメールを設定しました。
ということは、自分宛に送って、それを私が同時受信している会社で見るわけです。
万が一を考えOEメーラーではなく、めちゃくちゃ使いにくいフリーソフトの、送受信チェックメインのメーラーをあてがいました。


やがて彼は元同僚からプリケーを借りたので、そっちで元カノとメールを続けていたようですが、金が無かったので放置していました。
(お金がないと電車乗って元カノのいるとこに行けないから)


そしてGWの後にプリケーを返さないといけなくなり、2日だけ仕事したときに私の携帯を貸すハメになってしまいました。
それでは私も困るので、仕方なく私名義でウチのオカンが親のグループにもう1台加入して彼に渡しました。


PCのメールとは晴れて無縁になった彼でしたが、私は私のアカウントでOSにログインしている状態でウロウロしたくないので、家にいるときは彼のアカウントでログインしています。
そうすると仕事のメールチェックをするのに、そのメーラーは残さなくてはいけなくて、たまに起動して点検していました。



去年、2ヶ月だけ働いた後、仕事を探す傍らにゲームがしたいと言い出しMMO漁りをはじめまして、その登録でメールを使い出しました。
(結局仕事はしませんでしたけどね~)


そして最近また今のMMOに飽きて他のに応募したりしています。
それでも、メールの内容は全てコチラで確認できるし、登録する前に「ここに登録してみていい?」と確認してきていたので、年齢も年齢ですし煩く言うことはしませんでした。



そんなある日、会社で普段通りお仕事をしていると、
『コスド○ライブチャット登録ありがとうございます』
『ピク○ーライブ ご登録のお知らせ』
みたいのが2通続けてきました。
リンク先見たら、アダルトライブチャットです。
・・・・
・・・
しかもフリメのほうじゃなく直アドのほうです・・・


今まで直アドは極力遣わずにいました。個人情報なんか売られてナンボだと思っているからです。


ありえねぇ・・・


家に帰った私は、直アドでこういうサイトに登録することがどれほど危なくてどれほど迷惑な行為なのか、言って怒りました。
「おかげで個人情報漏れたかもしれないでしょう!ちょっと知識のある人なら住所までだって割り出せるよ!」
と脅し、でも、あんまり言うと逆キレするんで、そのへんにしときました。
これが甘かったんだよな~・・・
「やる気なんか全くなかったけど、どんなんかだけチラッと見たかった」
と言われましてね。
「もうしねーよボケ!」
と不貞寝されましてね。
ムカついたけど、その日は折れたんですよ。
ああ、もうホント情けない・・・・



2へ続く

by Y  at 15:51 |  沼同棲 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑