FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Y  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

なんでかな?

元気にならないです、なかなか。
フリーダムな感じが弱いですね、まだ。なんでかな。

良くも悪くも、私を本気で怒らせたり泣かせたりしたのは彼だけなので重要人物なのは間違いないんですが、必要人物なのかどうかは、多分、不必要ですw

いやいや、かなり忍耐力つきましたけどね。
(それすら不必要でしょうがw)

ごっついムカつくんですよ。
○ねばいいのに!って何度思ったことか。
身内でもない人間にそこまで思うこと珍しいです。

でも気づくと、せっせと仕送りの荷物まとめていたりするわけです。愚痴も黙って聞いてるわけです。お母さんなんです。出来の悪い息子が可愛いんだろうか。

これは完全にミイラかもしれませんw

このまま死んでいくのを激しく反対している脳内ヤマさんと、クターッと生気を吸い取られて廃人になってる脳内ヤマさんと。

そう、これは、まるで悪霊。
さんざん悪霊だ妖怪だ悪魔だ貧乏神だと書いてきたけれど、完全に吸いつくされている。
マホキテとかドレインとか連呼されているような。

感覚がもう身内。
お互い恥じらいもない。
燃えない。
空気ほど無害でもない。


・・・もう、32歳ですよ?

うはっ、自分で書いて退くわ、年齢w
スポンサーサイト
by Y  at 19:37 |  脳みそ多少活動 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

葛藤

自分で思っている自分の性格と本質って違ったりしますよね。
そのギャップが大きいと心が弱くなってしまうというか病気になってしまうというか。
ものすごく弱くて笑ってしまうほどダメダメなのに、そうじゃないと思い込んでしまうから、ややこしいことになってしまうのかもしれませんね。


私の場合は本質を誤魔化しすぎて本質がどんななのか分からなくなってしまってます。
自分の気持ちも分からない。希望も分からない。
きっと、そんなアホになっちゃった心のために身体は不調を訴えるのかもしれませんね。


昔から、強いと思うことじゃなく、強くなろうと思うことが本当の強さだと思っていました。
強くなろう、強くなりたい、そう思って、じゃあこう動くべきだ、こう考えるべきだ、と判断してやってきました。いつだって。自分がどう思うかじゃなく、どう思うべきか、という考え方しか出来ませんでした。
その結果が『自分と見詰め合えない』という情けないものになってしまっているように思います。
弱さを受け入れてこそなんじゃないかとか、なんだかグチャグチャ色々考えてしまって落ち込みます。


心理学での自己分析を昔の職場からの研修で受けたときに、『常に客観的に物事を見て判断できる』とあり、それを私は自分の長所だと思って生きてきました。そういう結果になる人は本当に珍しくて少数だと聞いたんです。でも解説をしてくれた人は、その結果が良いのか悪いのか教えてくれませんでした。心理分析は良い悪いではない、と言われました。
実際は『主観的に見て判断することができない』という短所がついていたんですね。



彼に腕枕をされながら眠りにつこうとしているとき、
「北海道に行きたいなぁオレ、旅行じゃなく、半年くらい、住みたい」
と言われました。
たった1度の人生なんだから、色んなとこへ行って色んな経験がしたい、というのが彼の人生観です。
けれど、もうそろそろ腰を落ち着かせようか、と思っているのも嘘ではないのです。
都会にもう一度出たいというも。
バイクで放浪したいというのも。
1人で生きていこうと思っているのも嘘じゃなければ、私を連れて誰も知らない土地で2人でやっていきたいと思っているのも嘘じゃないんです。
嘘じゃないだけに私はイライラするんです。
一体どうするのが一番の希望なのか?
全く分からないから。
2人でどこかへ行こうと言われても、私は『ムリムリ』と思って笑うだけで本気にしません。というか出来ませんし、本気は本気で困ります。


彼にはこの先の人生への希望が多すぎるんです。どれもこれも選択肢に入っているんです。
かといって、もしも私に『どうしたい?』と聞かれても、私には考えることもできないんです。
希望がないから。
私は、やりがいのある仕事があって、適度にお金があって、好きな人と両想いでいられて、たまに遊びに行ければ、それでいい。できれば居住地を転々とはしたくない。職もそう。
彼の思い描く未来の話の中で、私が思い描ける物なんてないんです。


こうやってたまに決定的な証拠を見せられる。
早めに別れたほうがいいと、頭の中で自分が言っている。
私にとっての彼と彼にとっての私が違いすぎる。
私を抱き寄せる体は温かいけれど、やがて確実にそれはなくなる。
なくなったほうがいい。なくなって立ち直った時に自分の未来が見えるはず。


なのに、心臓よりもう少し中央よりの胸の辺りが、バクバクと脈を打ち始めます。
ものすごく緊張している時みたいな、いたたまれない苦しさに襲われるんです。
彼が心配するからなるべくじっとするのだけど、ずっとバクバクと苦しくてとても眠れない。
彼が眠りについてから、そっと起きてずっと座って深呼吸をしていました。


どうして体はこうなるんだろう。
たったこれだけのやりとりで、どうなってしまってるんだろう。
分かっていることなのに、私はまだ、彼を失うことを、こんなにも恐怖に感じているのだろうか。
そんなに必要な人じゃないはずなのに。
一緒に居たって苦しいことのほうが多いのに。
なのに何故、こんなに動悸が止まないんだろう。
ここ数ヶ月ずっとです。
彼と一緒に居て、何かあると動悸が止まらない。
ドキドキしてるのとは全く違います。
多分、怯えてるのだと思います。
昨日、あのやりとりで思ったのは、『あぁ、この人の未来には私は居なくていいんだな』というようなこと。
それだけでその状態。
よく考えてみて、私の未来にこそ彼は要らないのに、どうして自分が彼に要らないと思うだけでそんなになってしまうのか。
自分は彼を切り捨てようと思っているのに、その準備が出来る前に切られたくないと、勝手なことを考えている。
どれほど自己防衛に一生懸命なんだろう。
どれほど傷つくことが怖いんだろう。自分が傷つかないためなら相手を傷つけても平気なのかな。
卑怯だなぁ、自分。
そんな自分、認めたくないなぁ・・・
要らないのに。
あんなの、要らないのに。


そんなに好きなのかなぁ・・・
そんなに必要なのかなぁ・・・


参ったなぁ・・・

by Y  at 19:58 |  脳みそ多少活動 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

宗教上等。

また書きかけで挫折しました。
私もどうも女性的生理現象の1週間ほど手前から鬱寄りです。ウザイなぁ。
こんなときに宗教のネタをチョイスする自分が悪いですね。

要するにですね・・・
私は無神論者(でも占いやパワーストーンは好き)で、でも実家は創●学会だったんでイヤで家出したんですよ。
今は自由に生きてるんですが、同じく沖縄へ羽ばたいたウチの妹は向こうで突然めざめて宗教活動してるらしいんです。
ありえねー。
部屋に仏壇とかありえね~~。
私は仏壇の前ではHできません。
良いことがあれば「信心のおかげ」
悪いことがあれば「信心が足りない」
「他人を入信させるのが功徳」
そんな考え方で生きたくないです。
私は、なので他人がやるのは別に邪魔はしないですけどね、こっちに勧誘さえこなければ。
身内は少し別ですけどね。

やっぱ見知らぬ土地に1人暮らしってのは寂しいのかな。
寂しいと何かに依存したくなるのかな。

とかいうようなことをダラダラ書いてましたが挫折です。

この世に神様なんか居ませんよ。
宇宙人はいても神様は居ないですよ。
by Y  at 18:47 |  脳みそ多少活動 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

幸せ能力

幸せになれる人にはあって、幸せになれない人にないもの。
色々あるんだろうけど、ちょっと色々見てて納得できたのが
「人を愛し、愛される能力」
だ。一過性のものではなく。狭い世界限定のものでもなく。

似たような言葉を他でも見かけた。
「男は顔でも金でもない。女を幸せにする能力があるかどうかだ」
まぁ女性にも同じことは言えるわけで、私には彼を幸せにする能力は皆無だろうと思う。
一時、はぐれ者同士温め合うことはできても成長はさせてあげられない。要するにウチは
(-1)+(-1)で結果-2になっちゃってるような関係だ。

でも幸せの定義って人それぞれだもんなぁ。
私は贅沢じゃなくていいけど借金しないでも大丈夫な環境で、いつも笑って、いろんな人と接して生きていきたい。その中に、一緒に笑ってくれる人が、パートーナーでも親友でもいいから、少し欲しい。
同じ事件に心を痛め、同じ命に温かみを感じる、同じ場所を見ていられる、そんな人に会えることなんてあるのかな。
まずは自分を愛してあげないとなぁ。自分を許してあげないとなぁ。
by Y  at 11:29 |  脳みそ多少活動 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。